ノアコイン

市場スケール3兆円の暗号通貨ノアコイン(NOAHCOIN)

他の暗号通貨には真似できない独自の仕組み。

テレビCMをスタート出来とするの大スケールな広告・プロモーション展開。

ノアコインは確かな不可欠性と認知度で国際送金手段の新たなスタンダードとなります。

ノアコインの市場スケール

ノアコイン(NOAHCOIN)の市場はだいたいOFW(OverseaFilipinoWorker)、つまり外国に出稼ぎに出ているフィリピン人のフィリピン本国への送金手段として使用される見込みとなっており、その市場スケールは3兆円にも上ります。

ビットコインに取って代わるほどの市場スケールを持っているのはこの「ノアコイン(NOAHCOIN)」だけです。

ノアコインの必須性について

ノアコインはフィリピンの大切な社会問題を根本的に決着すべく誕生した暗号通貨(バーチャル通貨)です。

フィリピン人は現時点で、身内の一人は外国に出稼ぎに出ているというほどの比率で外国で業務をしています。

加えてその出稼ぎに出ているフィリピン人のおおかたが本国フィリピンの身内へとお金を仕送りしているのですが、その送金にかかる「手数料」がフィリピンの大きな社会問題となっています。

送金に必要になる高価な手数料

諸外国からフィリピンへと送金するにはその国に手数料を支払わなければなりません。

主な送金メソッドは国際送金と送金代理サービスですが、これらサービスの活用料は送金総額のおよそ15〜20%、本国の家族に10万円仕送りしたとすると15000円もの手数料が毎度かかってきてしまうのです。

他にもその総額は年間で総額3500億円にも上ります。

このフィリピン本国へは届かずに諸外国へと流れ出てしまっている手数料が現在まさしく社会問題となっているのです。

この送金手数料をなくす事は諸外国に出稼ぎに出ているフィリピン人のみならず、送金先の世帯や会社、ひいては国全ての要望でもあるのです。

そんな訳でこの送金手数料をなくすべくフィリピンの財閥や銀行関連会社が集い、非営利団体である「ノアファウンデーション」を立ち上げました。

暗号通貨の拡大はフィリピンにとってこれ以上ないくらいの必然性を持つのです。

ノアコインの今後について

ノアコインの目指すものはフィリピンへの国際送金手段のスタンダートとなるという事です。

送金手数料をなくす事の可能な暗号通貨(バーチャル通貨)であるノアコインを拡大させるべくして、ノアプロジェクトを開始しました。

そのプロジェクトの目的はOFW(外国出稼ぎ)の送金市場3兆円の手数料、3億5000万円をフィリピン国内に還元する事にあります。

またそれはフィリピン国内の政治住宅、財閥、国民みんなが求めている事でもあるのです。

外国出稼ぎフィリピン人、並びに仕送りを受け取る身内がノアコインを利用し始めればもちろんフィリピン国内の外国送金とは無縁な人々にもノアコインの影響は広まります。

ノアコインはいわばフィリピン国内のスタンダードな通貨として流通させるための暗号通貨なのです。

ノアファウンデーションについて

ノアコインの運営組織である非営利の運営組織になります。

フィリピン経済の進歩、並びにフィリピン国内の諸々な社会問題を解消するために政財界の有志が集まって設立されました。

具体的にはフィリピンのナショナル航空企業である「フィリピンエアライン」や、財閥、銀行関連会社などにより運営されています。

ノアコインで集めたお金の使い道

ノアファウンデーションがノアコインで集めたお金はノアコインの製作財源、広告・プロモーション、インフラ整備に使用されます。

ノアファウンデーションは非営利の運営組織であるため、営利目的での使用はせずに、集めた元金のすべてを上述の使いどころに使用します。

ノアコインの拡大、ノアコインの値打ち上昇につながらないことには全部使用されないのです。

ノアコインの広告・プロモーション

フィリピン国内のテレビCM、及びラジオCMで随時放映予定となっています。

他に「グーグルアドワーズ」「Facebook広告」などのインターネット広告によるマーケティングも展開していく予定です。

その他にも高速道路広告、機内広告が予定されています。

フィリピンでのFacebook広告の肝心性

フィリピンのFacebook使用率は92%。

人口を1億人としても9200万人の人々がFacebookを応用しているという事になります。

ですのでフィリピンのFacebook広告の影響はかなり高いものとなっているのです。

フィリピンのドゥテルテ大統領の大統領選挙における大勝利の背景にはFacebook戦略による影響が大きいとされています。

ところでノアプロジェクトの賛同者である泉忠司は、この時Facebook戦略の一通りを任されていた人物の友達であり、この人物の協力を得てFacebook広告を打ち出していく必須があればそうするとノアコイン大筋公表時に明言しています。

ノアコインの高速道路広告

マカティからノアシティ(※後で延べ)までの25マイル(約40km)一通りの広告にノアプロジェクトの広告を掲載する事を予定しています。

マカティとは、首都マニラの首都圏に属する都市です。

グローバルシティと並んでフィリピン国内でトップ発達している街であり、事務所街、デパート、宿泊施設などが立ち並びます。

日本でいうところの丸の内、新宿あたりを印象すると近いかもしれません。

ノアコインの機内広告

2016年開通のNAIA(ニノイ・アキノ国際空港)に広告を全面掲載予定。

フィリピンエアラインの全面協力による機内広告でノアプロジェクトのプロモーションビデオを掲載予定。

ノアコインのインフラ整備

専門プリカの発行

専門プリカの発行により「VISAカード」「マスターカード」「ユニオンペイ」が役に立つロケーションで現金化する事ができるとなります。

これにより、フィリピンのみならず日本国内でものんびりに両替する事ができるとなります。

例えるならチャージ式の「VISAカード」「マスターカード」「ユニオンペイ」だと思案すると分かりやすいのではないでしょうか?ノアコインをそれらのカードにチャージする事が可能なのです。

チャージする事によりVISAカードだったらVISAカード応対のショップで実際までと何ら変わらず決済を行う事が可能なようになります。

しかもは銀行や郵便局、セブンイレブン(セブン銀行)などでは日本円として現金の引き出しができるとなります。

世界中の取引所に導入

ノアコインはワールドワイド各国の暗号通貨取引所で取引ができるとなり、24時365日国境を飛び越えて現金化する事が可能なようになります。

ATMを世界中に据え付け

銀行をはじめとする各金融組織と連動し、フィリピン国内は言うまでもなく、日本や他に各国のATMにノアコインを扱ってする予定となっています。

コンビニや買い物センターなどのATMからのんびりにノアコインを日本円に両替する事が可能となります。

もちろんですが特にフィリピン国内には力を入れ、ノアコインをどこでも手軽ににATMでペソと両替可能なようになります。

例を挙げると日本円を稼いだフィリピン人がノアコインへ両替、その後フィリピンの家族にノアコインを送金し、受け取った世帯がフィリピンにてノアコインをペソに両替するとします。

この一連の流れを近所のATMで行う事が可能なようになり、手数料は全部かからないのです。

現在までの送金手段とは比べ物にならないほど役立つな送金手段となるのです。

フィリピン国内のノアコインATM据え付けは2016年12月の段階ですでに見積もりを済ませ、今現在発注段階にまで入っています。

ビットコインとの差別化

ノアコインはビットコインの問題点をすべて決着しています。

以下ではビットコインとの相違を手軽にに説明しています。

ノアコインは所持しているだけで利率分がつく

最初にビットコインとの相違として、ノアコインは所持しているだけで利息がつきます。

はないのです。

もちろんビットコインに利率分は影響せず、所持する事により美点が上がる事はあっても利率分が付いてビットコインそのものが増えるという事はありません。

一方で、ノアコインには所持しているだけで金利分がつきます。

この利率分という体系は、他の暗号通貨を製作している会社やグループには絶対に無理な体系だ言えます。

なぜノアコインが所持者に金利分を配当可能なかといいますと、ノアコインの製作には銀行関連の企業も携わっているため、両替した日本円やペソなどの法定通貨を運用する事ができるだからなのです。

ノアコインと日本円を両替したとすると、運営元であるノアファウンデーションはノアコインを渡し、日本円が入ります。

この日本円、もちろんながら日本の法定通貨なので銀行で運用する事ができます。

また銀行で運用する技術や知識をノアファウンデーションは持ち合わせています。

現在、高度進化期にあるフィリピンの銀行の利率はとても高いものとなっております。

例を挙げるとフィリピンのある銀行の定期預金の利率は年利8.5%というレートで金利分が付きます。

銀行預金プライスを上げたり、定期預金の期間を増やすと年利はさらに上昇し、14%にも昇るのです。

「年利が高い=怪しい」と、思う方もいるかもしれませんがそれは大きな誤解です。

日本での過去の例を見てみますと、平成2年の段階で1年定期の利率は8.5%となっています。

フィリピンはまさに過去の日本の進化期にあたるポイントなので、この高い利率でも全くおかしい話ではないのです。

このように、ノアファウンデーションは集めたお金を運用によって増やす事が可能なので、ノアコイン所持者に利息を配当する事ができるなのです。

ですから金利分という形でノアコイン所有者に配当する事ができるとなっているのです。

またその肝心の金利分の比率ですが市場公開後1年目は20%の配当となっています。

例を挙げると100万円分のノアコインを所持していたケース、20万円分のノアコインが利息として配当される事になります。

暗号通貨は所持する人数や所持数が増えることによって美点が上がります。

利率分の配当は、市場公開後も必然的にありがたみが上がるように、ノアコインを所持しておきたくなるスキームの一つとしても大切な役割を担っています。

?

集めた法定通貨を運用可能な良いところ

集めた法定通貨を運用可能な良い面としては金利分の配当以外にも大きな長所が影響します。

ノアコインのプレセール期間は1年半、1期〜4期まで1年半かけて提供していきます。

この1年半、集めたお金を適切に運用する事でノアファウンデーションの財源はどんどん潤沢なものとなっていきます。

集めた法定通貨を銀行等で適切に運用する事が可能なら、元金以下の価格、つまり集めた金額以上の代金を残したままノアコインの製作や広告、インフラ整備を進める事ができるとなります。

ノアコインの新しい承認方式

ビットコインとノアコインの相違の一つに承認方式の異なる点が挙げられます。

ビットコインの承認方式POW(プルーフ・オブ・ワーク)

ビットコインはPOW(プルーフ・オブ・ワーク)という手段で承認を行っています。

このPOWを一言で解説すると「計算問題による承認」です。

一例を挙げればワールドワイドのどこかでビットコインの取引が行われたとします。

その取引を成立させるためには承認作業というものが必須となり、承認作業を行った者にはお金としてまだ市場に出回っていないビットコインを受け取る事ができます。

取引きを承認する権利を得るには取引き時に出される難解な計算問題を世界中の誰よりも早く解く必須があります。

このように承認を行い、まだ市場に出回っていない新しいビットコインを取得する事をマイニング(発掘)といいます。

マイニングについて

出題される難解な計算式をいち早く解くためには処理速度の速いスーパーコンピューターを不可欠とし、いつも私たちが使用するようなパーソナルコンピューターでは全く歯が立ちません。

ですのでこのマイニング作業というのは個人レベルでは相当参加可能なものではないのです。

スーパーコンピューターを所持し、この承認作業を行う企業をマイニング企業といいます。

この方法の悪い面としてはスーパーコンピューターを使って計算速度を各マイニング企業で競い合うのでものすごい膨大な電力が使われており、環境破壊が懸念されています。

もう一つの悪い面には51%アタック(51%攻撃)というものがあります。

これは造作なくに言えばマイニングで過半数を取ってしまえばビットコインの乗っ取りができてしまうという悪い面です。

今現在、マイニングしている会社のトップ5だけでビットコインの総マイニング量の60%を超えています。

これらのトップ5の会社がそっくり手を組んだ事例、これらの会社でビットコインを乗っ取る事ができてしまうのです。

承認作業を行う権利の60%を得ているわけですから、特定の誰かの取引を非承認にしてしまうといったこともできるになってしまうのです。

ノアコインの承認方式POS(プルーフ・オブ・ステイク)

これに対してノアコインはPOS(プルーフ・オブ・ステイク)というテクニックをとっています。

これはPOWよりも新しい方式となっており、イーサリアムがこの方式を採用しています。

このPOSが如何に言ったものなのかを解説するとかなり専門的な話になってしまうので割愛しますが、ここではPOSの良い面を挙げていきたいと考えます。

POSを採用することの長所

最初に膨大な計算を不可欠としないので無意味な電力を使用する必須がないのです。

その上51%アタックによる危険性がPOWに比較して圧倒的に少ないのもポイントです。

それから決済完了までの時がPOWに比較して大幅に短縮されています。

POWでは計算式を解くのにワールドワイド的スーパーコンピューターでも平均して10分ほどの時を必須とします。

その為、決済完了までに必要になる時は必然的に同じくらいの時、つまり10分程度かかってしまいます。

一方POSでは難解な計算式を解く必須がないので数秒で取引きを完了させる事ができるとなっています。

整理

ノアコインの特色として、以上のようにビットコインの問題点を総て解消できているという事にあります。

ノアコインの方がスタンダードとなる暗号通貨として広まる確率は高いという事です。

プロモーション一つ取ってもビットコインはフィリピン国内で宣伝される事はないのです。

けれどもノアコインはテレビCM、ラジオCM、機内広告、高速道路広告、Facebook広告と数多くの広告戦略を行っています。

その上フィリピン国内の政治居宅、財閥、各会社がこのノアプロジェクトに賛同しているという事でさらなるノアコインの拡大が見込まれています。

ビットコインの問題点について

問題点1:一般化するほど取引きに時がかかってしまう

ビットコインは1秒間にマックス7取引きまでしかできません。

その為、それを超える取引が1秒間に行われたケース、他にも取引に遅延が出てしまいます。

2016年12月の時点ですでに1秒あたり5取引きが行われています。

目下よりさらにビットコイン所有者が増大して送金が所嫌わずで行われるようになったらもちろん1秒あたりの取引量は7取引きを上回るので取引きに遅延が生じてしてしまいます。

ただでさえ取引き完了に10分程度必要になるのに他にも時が必要になるようになってしまうのです。

こうなるとビットコインが広まるほどに不便になってしまうというわけです。

暗号通貨の良い面は瞬間的な取引です。

10分という時間は、異国間での銀行送金に比べるとはるかに速いですが数秒の取引が実現可能となった今日では10分は遅いと言わざるを得ません。

そこにその上遅延の確率が目の前に見えているというわけです。

ここが現在目下のビットコインの問題点となっています。

問題点2:広めたり役立つにしていく会社(組織)が影響しない

ビットコインの2つ目の問題点はプロモーションやインフラ整備を行う運営元が影響しない点にあります。

ノアコインでいうところのノアファウンデーションにあたるような法人や組織が影響しないのです。

例を挙げるとプロモーション。

テレビCMや電車の中吊り広告を出すにしてもかなりの宣伝費がかかります。

政府も銀行も介在しておらず、運営元も影響しないのであればその莫大な宣伝経費は誰かがボランティアでお金を出す他ないのです。

このように、運営元が存在しなければプロモーションやインフラ整備は行われないのです。

現時点で日本で最も暗号通貨を広めている人物はノアプロジェクト賛同者である泉忠司さんですが、彼が個人的にビットコインをはじめとする暗号通貨の不可欠性を日本中に広めていなければ日本ではまだまだ暗号通貨は認知度の低いものだっただろうと予想されています。

これに対してノアコインはノアファウンデーションという非営利組織が運営元にあるのでプロモーションやインフラ整備を行う事ができるとなっています。

中央集権的な組織がないというのは暗号通貨の良い面でもあるのですが、それは合わせてこういった悪いところにもつながっているのです。

その悪い面を解決し、良いところを残すためには政府のような強制力を持たないものの、そこそこその通貨をコントロールする組織というものの影響が不可欠となります。

問題点3:多大な電力消費量

ビットコインの3つ目の問題点は多大な電力を支出するという事です。

ビットコインの承認方式であるPoWは多大な電力を支出します。

一例を挙げれば中国のマイニング企業では約1000万円もの電気代が月次かかっています。

その上ビットコインのマイニング企業全てで使われている電気代は年間およそ1000億円となっており、電力を無意味に使用し、環境破壊が行われているとして問題視されています。

これに対してノアコインの承認方式であるPoSは無駄なマイニングを全部行わないので電力支出量は大いに少ないものとなっています。

ノアコインのプレセール期間について

ノアコインのプレセール期間の値段4期までのプレセール期間で代金引き上げは最大限22%です。

つまり市場に公開されるまで、ノアコインのプライスは1.22倍にしかなりません。

プレセール期間に価格を不可欠以上に引き上げている暗号通貨は決して広まらないという事は解説したとおりです。

イーサリアムで1.7倍ですので1.22倍という倍率はかなり低いことが分かると考えます。

これはとにもかくにも広く一般化させる事を意図しているからです。

政・財・官が集まりフィリピンの社会問題を落着させるためにやっているプロジェクトですので、反対に広まらなかったら困るわけです。

とはいえ10000円分のノアコインを所持していればプレセールが終わる頃には12200円になっているわけですからかなりの上がり奥行きともいえるでしょう。

加えてそのノアコインの必然性が見えて拡大するという見込みがあればノアコインを所持している人は、価値がその上上がる事を見越してプレセール終了後も所持し続ける事になります。

そうなるとまたノアコインの美点は上昇していくのです。

しかもノアコインには手放したくなくなるようなスキームが整然と組まれているのです。

第一期プレセールは2017年1月11日から開始です。

日本国内では2016年12月4日限定で局所の人に予約受付をしました。

なぜ予約受付が不可欠になったかと言いますと、第一期プレセール期間で定めたノアコインの発行量を上回るショッピング額が見込まれた為です。

第一期プレセール分のノアコインは予約分だけで終了する見込みです。

2017年1月11日、第一期プレセールが開始されます。

第一期、第二期は日本とフィリピンでのみ購買する事ができるとなっています。

第三期から中国、韓国、台湾をはじめアジアのマーケットで提供が開始されます。

第四期になると世界中のマーケットで提供が開始されます。

他にも2018年6月12日にノアコインが市場公開されます。

この6月12日というのはフィリピンの独立記念日にちなんで判断されたそうです。

ノアコインはプレセール期間に22%の価格上昇があり、1期で1万円だったものが4期では12200円での提供となります。

プレセール期間中に提供されるノアコインの総数は432億ノアコインとなっています。

残りの1728億ノアコインは利率分としてノアコイン所有者に還元される予定です。

この金利分は複利となっています。

1年目は20%配当、2年目は17.2%、3年目は14.79%。

このように毎年利率は0.86倍ずつ減少していきますが40年に渡って複利で増大していく仕組みとなっています。

(40年目の金利分は0.06%)これにより、現在までのバーチャル通貨のようにマイニングせずに新しいコインを取得する事ができるとなっています。

つまり、実際までは財源力にものを言わせてスーパーコンピューターを利用し、多大な電力で環境破壊をする会社がマイニングで稼いでいたコインをノアコインでは利率分としてユーザーに配当していくというわけです。

?

NOAHPROJECT公表セミナーについて

2016年12月4日、ノアコイン(noahcoin)という新しい暗号通貨の大略が日本で公表されました。

ロケーションは東京都江東区の宿泊施設イースト21東京の多目的ホール。

公表は午前と午後の2部に分類て行われ、実に1000人以上の人々がその会場に到来ました。

要旨を説明する泉忠司氏をはじめ、フィリピンからは2013年ミスユニバース「ミーガン・ヤング」やフィリピンのドゥテルテ大統領の息子など、の豪華ゲストが会場に姿を現しました。

他に、土屋ひろし氏、小野里肇氏などの人物も会場に足を運びました。

ちなみにノアプロジェクト賛同者の泉忠司の友達であり、インターネット産業界の著名人、土屋ひろしさんはノアコインを2億円分両替すると明言しています。

★私本人、味わってでユーザーと共に作成した心境です。

??

ノアウォレットの製作

現時点でノアファウンデーションではノアコイン専門のウォレットである「ノアウォレット」を製作しています。

このノアウォレット、パソコンやスマホで機能面で優れた他、主要コインであるビットコイン、イーサリアム、リップルなどにも扱って予定。

他にの主要コインにも随時応対していくとのことです。

またこのノアウォレットは決まった課金扱ってもしていく予定となっております。

このパフォーマンスは、一例を挙げればケータイ料金や水道光熱費といった月次の決済を自動で行ってくれるといった性能です。

それからノアファウンデーションでは「ウェアラブルウォレット」も製作中となっています。

つまり時計やサングラスといった形で身に着けるタイプのウォレットを製作しているという事です。

ウェアラブルウォレットの長所の一つとして、身体に身に着けるものなのでスマートフォンのようにどこかに置き忘れるという悩ましいはないのです。

このように世の中に必須性が出てくれば拡大していく見通しです。

独自開発ツールの公開

ノアコインは他の暗号通貨だけではなく法定通貨やオンラインバンキングとの協力をとるためのアプリケーションを組み立てするために独自開発ツールを公開しています。

これはFacebookとTwitter、インスタグラムが相互に活用可能なのと同じ仕組みです。

一例を挙げればインスタグラムに膨れ上がるしたものが自動的にFacebookに急上昇されるように手軽にに設定できますよね。

これはFacebookが公開している呼び出し部品をデフォルトインスタグラムが使用する事により実現されています。

このようにノアコインは他の暗号通貨、法定通貨、オンラインバンキングと連動をとるために独自開発ツールの公開を行っています。

ジョリビーのように

ジョリビー(Jollibee)というファーストフード店をご存知でしょうか?目下、フィリピンで占有率No1を誇っている好評ファーストフード店なのですが、このジョリビー(Jollibee)がなぜマクドナルドを差し置いてファーストフードでシェアNo1になる事ができたのか?そのマーケティング戦略はノアコインを拡大させていく戦略と相当よく似ています。

マクドナルドがただひとつ占有率ナンバー1を取れない国がフィリピン。

なぜかというとそれは相当単純な話で、すでにジョリビーが先に市場を押さえてしまっているからなのです。

つまりどこに出店しようにも入り込む余地がもうすでになくなってしまっているというわけなのです。

フィリピンにはマクドナルドもストアを構えていますがジョリビーと比べるとそのショップ数は雲泥の差となっているのです。

ノアコインの戦略はまさしくこのジョリディーの戦略。

どの暗号通貨よりも先にインフラ整備を整え、国中にATMを配備、ウォレットを作り、世界中の取引所で取引をできるにし、VISAカードへのチャージにも応対。

こうして市場をいち早く押さえてしまう事により、流通量1位のビットコインであろうが2位のイーサリアムであろうが、市場に入り込む余地をなくしてしまうのです。

他にもビットコインの目下の時価総額は1兆円、ノアコインを普及させていく市場は市場スケール3兆円のOFW(外国への出稼ぎ)の送金手段。

ノアコインは市場スケールからしてもビットコインに取って代わる世の中1の暗号通貨となっても不思議ではないほどのポテンシャルを秘めているのです。

ノアコインの上限枚数

ノアコインの上限枚数はビットコインよりも多々ある枚数となっています。

ノアコインは実際のビットコインの所有率とは比べ物にならないレベルでフィリピンおよび全世の中の人々に持ってもらう事を前提として製作を進めています。

2016年12月の時点でビットコインの時価総額は1兆円です。

それにそれに対しフィリピン人のOFW(海外出稼ぎ)の送金総額は分かっているだけで3兆円となっていますから、ノアコインは少なく見積もっても今のビットコイン時価総額の3倍以上の拡大を目処にしている事が理解いただけます。

この「目の前にカスタマーが見えている」という点もノアコインが拡大する大きな要因となっています。

それゆえに上限枚数はビットコインよりも多くしています。

ワールドワイド初の暗号通貨シティ「ノアシティ」

ノアプロジェクトでは暗号通貨「ノアコイン」の拡大以外にも大スケールな都市建設計画があります。

この都市建設計画は、ノアコインの一般化にも大きく貢献可能なようなプロジェクトとなっています。

以下ではもう一つのノアプロジェクトである「ノアシティ」の建設計画について紹介していきます。

マニラの中心であるマカティから車で30分程度のところに「ノアシティ」というものが製作されます。

ノアシティにはアミューズメント施設、買い物モール、宿泊施設、カジノ等が建設される予定です。

このノアシティはフィリピンエアライン並びに色々な財閥や巨大資本会社と共同で建設される事がすでに判断しています。

ノアシティでは一通りの箇所でノアコインをデフォルト役に立つことができます。

これは暗号通貨歴史上でも初めての試みとなっています。

ノアシティは第2のBGCとなる

ノアシティは第2のBGCと言われています。

BGCと聞いて分からない方も多々あると思うので以下ではBGCについて造作なくに解説していきます。

フィリピンマニラには、ボニファシオ・グローバル・シティ(BGC)という街があります。

スタイリッシュなカフェ、レストランをはじめハイグレード住宅、一流企業会社の高層ビルが立ち並ぶ、フィリピン人100人に聞いたら全部がここに住みたいというようなそのような街です。

元々このBGCは空軍の跡地でした。

米軍基地だったところを製作して現在では20倍以上の値上がりを見せています。

事例としては500万円で買い物したマンションの一室が半年後には6000万を超えてしまうという程の勢いで美点が上がっています。

そのBGCと同程度のスケールで製作を行っている街がノアシティなのです。

マカティから車で30分のイートンシティ、ここには40ヘクタールの土地があります。

元々はフィリピン航空が持っていたこの土地を「ノアシティ」として製作していくわけです。

ノアシティの建設計画

・2017年 アミューズメント施設の建設が開始。

・2019年 アミューズメント施設仕上げ、買い物モールの建設が開始。

・2020年 買い物モール完了、宿泊施設、宿泊施設(カジノを配備)の建設。

このように現イートンシティを「ノアシティ」として製作していく事がすでに判断されています。

ノアコインの拡大にも大きく貢献

ノアシティの影響はノアコインを拡大させるためのスキームやプロモーションとしても大きな役割を担っています。

フィリピンマックス級の街の公式な暗号通貨となる

ノアシティでは全お店にてノアコイン決済ができるとなります。

ノアコインはフィリピンで1、2を争う街の公式な暗号通貨としてもフィリピン国内に広く認知される事となりますのでそのプロモーション成果は計り知れません。

例を挙げると日本で言えば「新宿のどこでも使用できる公式な通貨としてノアコインが認知されるようになる」と考えれば理解いただけやすいかと考えます。

これもビットコインやそれ以外暗号通貨との大きな差別化になってます。

世界の出資居宅からも注目される

ノアシティが製作されると宿泊施設やマンションが立ち並びます。

この第二のBGCと言われるノアシティ、BGCと同じように不動産の美点が爆発的に上昇するだろうと言われています。

フィリピンの不動産は買いやすく、月次2〜3万円程度の積み立てで不動産を買う事ができるなのです。

これを「プレビルド」といいます。

そのような価格で買えてしまうノアシティの物件、これが半年で10倍、20倍に高騰する事が予測されていればもちろん望むという人も増加します。

ではこのマンションへの出資、日本円でも米ドルでもフィリピンペソでも投資できずに、ノアコインでしか出資できないとなった場合如何になるでしょうか?となると世界中の出資住宅がノアコインを欲しがるようになる事が予想されます。

ノアシティの影響により、フィリピン国内のOFW市場のみならず、世の中の出資住宅からもノアコインが不可欠とされる事が予見されているのです。

フィンテックの今後の市場

フィリピン国内の銀行口座保有率30%に反対にiPhone保有率は108%。

フィリピン人は10人中3人しか銀行口座を持っていませんがiPhoneは一人1台以上持っているのです。

暗号通貨の取引は銀行口座がなくてもスマートフォンがあればできるです。

これはフィリピン国民がどんなときでももうに暗号通貨取引を開始出来られるステータスにあるのです。

全世の中で貿易に使われているお金は3315兆円にも上ります。

クレジットカードの市場スケールは2500兆円。

株式市場は7000兆、通貨の総量でいうと8100兆円あります。

それに対して暗号通貨は1兆円という市場スケールなのです。

的確にはビットコインの市場スケールが1兆円、2位のイーサリアムが1000億円なので全部の暗号通貨時価総額組み合わせて1兆数億円程度となります。

例を挙げるとこの暗号通貨がクレジットカードにとって代わったらどうでしょうか?あるいは貿易などの送金市場にとって代わったら如何にでしょう。

如何に見ても今後無限に広がっていくだろうと言われるのが暗号通貨の市場なのです。

こんな保守的な国である日本政府がわざわざ法律を作っているのですから、分かっている人からすれば広がるのは目に見えているのです。

ノアコインの利率分

ノアコインは所有しているだけで入ってくる「金利分」を得る事ができます。

ビットコインをはじめとする他の暗号通貨は美点が上昇することはあってもコインそのものが増える事はないのです。

ノアコインはフィリピンの社会問題に貢献する他、出資的な側面も十分に兼ね備えているのです。

ノアコインの運営について

ノアファウンデーションはノアプロジェクトの運営元であり、ノアコインの発行元です。

フィリピンの社会問題を解決しようと政財界の有志が集まって作られた非営利組織です。

このノアファウンデーションが発行したノアコインを提供していく総代理店というものが影響します。

ここが「noahgrobalinnovationserviceisinc(ノアグローバルイノベーションサービスイズインク)」となっています。

こちらの企業はフィリピンの法人になります。

この法人が発行されたノアコインを提供していくという形になります。

加えて私たちユーザーがこの総代理店からノアコインを両替し、使用するという構図です。

ノアシティの売り上げの局所はノアファウンデーションに還元され、還元されたお金はノアシティのさらなる製作のための財源として使用されます。

ノアコインの代理店ルールについて

?ノアコインの提供代理店、一次代理店はノアコインを提供する事により提供数の15%のノアコインを取得する事ができます。

つまり一次代理店経由で100000円分のノアコインを両替した時、その代理店には15000円分のノアコインが配当される事になります。

二次代理店の配当率は10%となります。

その上二次代理店でノアコインを両替した時一次代理店へ5%配当されます。

つまりツーティアお金型の代理店制度となっています。

例を挙げると二次代理店経由で100000円分のノアコインを両替した事例、その代理店には10000円分のノアコイン、その代理店の解説者である一次代理店に5000円が配当される事になります。

(代理店決まりを知らない方はMLMと混同しないよう配慮しましょう。

)。